病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

イネアザミウマ

Stenchaetothrips biformis
総翅目アザミウマ科

写真をクリックすると拡大します

イネアザミウマ
閉じる

イネアザミウマ被害葉

イネアザミウマ
閉じる

イネアザミウマ成虫。体長約1.5mm

イネアザミウマ
閉じる

イネアザミウマ被害米

イネアザミウマ
閉じる

イネクダアサミウマ成虫


被害

育苗期〜本田初期には葉を食害する。被害葉の表面は白くかすり状になり、葉先はこよりのように巻葉する。出穂期頃急増し、穎内に侵入し、黒点米に似た着色粒(黒点症状米)や屑米、変色米を発生させる。イネシンガレセンチュウの黒点米は割れ溝周縁部が黒変するので判別できるが、区別しにくい被害である。

生態

全国に分布する。成・幼虫態で越冬し、イネで3〜5世代を経る。葉表に卵を埋め込み産卵する。出穂期に急増し、以後減少する。

防除

出穂期頃急増するのでカメムシと同時防除をねらう。

薬剤(農薬)

育苗箱施用剤はアドマイヤー、プリンス。
本田散布剤はスミチオン、トレボン、パダン、ルーバン、MR.ジョーカー等。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

イネクダアザミウマ

Haplothrips aculeatus

総翅目クダアザミウマ科

同時期に発生し同様に加害するが、発生数はイネアザミウマの1割未満と少ない。

収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫