病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

アブラナ科野菜の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

コナガ

Plutella xylostella
チョウ(鱗翅)目スガ科

写真をクリックすると拡大します

コナガ
閉じる

葉軸に産付されたコナガの卵塊 ©全農教

コナガ
閉じる

幼虫によるキャベツの被害 ©全農教

コナガ
閉じる

繭内に造られる蛹 ©全農教

コナガ
閉じる

成虫 ©全農教

コナガ
閉じる

コナガ成虫雄(左)、雌(右) . ©全農教


被害

被害は大規模産地や家庭菜園のキャベツ、ダイコン、ブロッコリー、ナバナ、ハクサイなどにみられ防除対象の主要害虫になっている。幼虫が葉裏から葉表の表皮を残して食害するので透けて見える。被害は春と秋に多い。

被害作物

キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、ダイコン、コマツナ、ナバナなど。

発生

成虫は体長約6㎜、前翅長6~7.5㎜。雌の体色は灰褐色系で背中(前翅)の菱形は不明瞭、雄成虫は黒褐色系で背中(前翅)に明瞭な黄白斑の菱形がある。この菱形が英名のDiamondback mothの由来になっている。卵は長径が約0.5㎜の楕円形、産付直後は淡黄色であるが、ふ化間近には黒化する。幼虫はやや紡錘形で成長すると体長約10㎜となる。若齢のうちは鮮やかな緑色であるが、発育につれ濃緑色~緑褐色になる。蛹は長さ約6㎜で緑色、淡褐色、黒色など変異がある。蛹化は主に葉裏の繭内で行われる。 原産地は西アジアとされ、現在は熱帯から寒帯まで全世界的に分布する。国内では北海道でも被害が出るが、野外の越冬は根雪のない東北地方中部までとされている。越冬態は、寒冷地では蛹、暖地では蛹や幼虫や成虫で、冬も成長し続ける。コナガの成長は早く、年発生回数は寒冷地で約5回、暖地では10回以上に及ぶ。

防除

成虫の飛び込みと集中産卵、そして雑草が繁茂している圃場に幼虫が多発しやすく被害が誘発されやすい。このような状況を事前に察知し防除要否を検討する。

薬剤(農薬)

成虫の交信かく乱剤(性フェロモン剤)もある。コナガの防除薬剤は794剤が登録されている。ネオニコチノイド系、有機リン系、ピレスロイド系、ジアミド系、IGR(昆虫成長制御)剤を含む製剤が多い。さらにピロール系、ネライストキシン系、スピノシン系、BT剤、マクロライド系、インドキサカルブ系、ジアミド系、フィプロニル系などの登録薬剤がある。コナガは難防除害虫として知られているので、発生初期に効果の高い薬剤を処理することが基本とされている。常発地では防除指導機関やJAなどが推奨する有効薬剤を選び播種時や定植時に処理する。また生育期に成虫の飛び込みがあり多発しそうになったら薬剤散布を行う。

(平井一男)

 ※掲載している薬剤(農薬)は 2018年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 アブラナ科野菜の病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草