病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

アブラナ科野菜の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

カメムシ類


写真をクリックすると拡大します

カメムシ類
閉じる

ナガメ幼虫と成虫 ©全農教

カメムシ類
閉じる

ナガメ幼虫によるダイコン葉の被害 ©全農教

カメムシ類
閉じる

ヒメナガメ ©全農教

カメムシ類
閉じる

アオクサカメムシ幼虫 ©平井一男

カメムシ類
閉じる

アオクサカメムシ成虫 ©全農教

カメムシ類
閉じる

ブチヒゲカメムシ ©全農教

カメムシ類
閉じる

シラホシカメムシ ©全農教


ナガメ

Eurydema rugosum

カメムシ(半翅)目カメムシ科

被害

アブラナ科の野菜の汁液を吸う害虫である。被害を受けた葉には小さな白斑が生じ、数が多いとしおれて枯れる。

被害作物

アブラナ科植物、ナタネ、コマツナ、キャベツ、ダイコン、カブのほかナズナ、イヌガラシ、キク、イネ、クワ、ヒマワリなどに寄生する。

発生

体はやや光沢のある藍色を帯びた黒色で、頭部前縁、前胸背の正中線上および周縁部、小楯板上のY字紋、前翅の基部外縁と革質部先端近くの1紋は橙色~橙赤色。近縁のヒメナガメE. dominulusは気温が低い地方に分布する。前胸背に6個の黒紋が横列し、前翅外縁部が橙色で、ナガメよりやや小さいことで区別できる。 日本、中国、朝鮮半島、東南アジアに分布する。成虫で越冬し年2回、アブラナ植物が生育する畑や河原に発生する。

防除

アブラナ科作物では防除するほど多発することはない。発生を見たら吸汁痕が残らないよう排除する。

(平井一男)

アオクサカメムシ

Nezara antennata

カメムシ(半翅)目カメムシ科

被害

ナガメと共通するが、アブラナ科作物ではナガメほど多くない。

被害作物

ナガメと共通するが、アブラナ科作物ではナガメほど多くない。

発生

成虫の体長は12~17mm、全体緑色のものが多い。 日本、朝鮮半島、中国、台湾に分布する。平地から低山地に普通にみられ、広範な植物の汁を吸うので各種農作物の害虫として知られる。アオクサカメムシはブチヒゲカメムシDolycoris baccarum 、シラホシカメムシEysarcoris ventralisなどとともに、コマツナやハクサイなどの外葉などの避寒部分で成虫が越冬し、汁液を吸収して葉に白斑を発生させることがある。年に2~3回発生する。

防除

アブラナ科作物では防除するほど多発することはない。カメムシ類の発生を見たら吸汁痕が残らないよう排除する。

(平井一男)

収録:防除ハンドブック「 アブラナ科野菜の病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草