病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ブドウの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

晩腐病(おそぐされびょう)

Colletotrichum fioriniae,Glomerella cingulata
≪病原≫糸状菌  ≪発病≫果房まれに花穂、葉

写真をクリックすると拡大します

晩腐病(おそぐされびょう)
閉じる

結果母枝(越冬部位に形成された一次伝染源の分子胞子塊)(赤枠内の小粒) ©近藤賢一

晩腐病(おそぐされびょう)
閉じる

果粒の初期病斑 ©近藤賢一

晩腐病(おそぐされびょう)
閉じる

果粒の進展した腐敗 ©近藤賢一

晩腐病(おそぐされびょう)
閉じる

果房に形成された鮭肉色の胞子塊 ©近藤賢一

晩腐病(おそぐされびょう)
閉じる

激発した果房 ©近藤賢一


被害

熟果での被害が大きく、はじめ淡褐色の小斑点を生じ、急速に広がって果粒全体を腐敗させる。病斑上にはさめ肌状の小粒点があらわれ、ここに鮭肉色で粘質の胞子 (分生胞子と呼ぶ)の塊を大量に吐出する。被害果粒にはしわが生じてやがてミイラ果となる。隣接する果粒に二次感染して果房全体に被害が及ぶこともある。幼果では黒色の小斑点を生じ、着色期になって腐敗型病斑に進展することもある。花穂の発病は開花前にみられ、花雷が褐変して鮭肉色の分生胞子の塊を形成する。

発生

病原菌は結果母枝の樹皮組織、穂軸、巻きひげなどに潜在感染(感染しているが肉眼的には症状が見えない状態)して越冬し、翌春、胞子(分生胞子)を形成して第一次伝染源になる。胞子は雨によって飛散する。飛散は梅雨期に最も多くなるため、この時期が多雨になると一次感染が多くなる。着色期~成熟期の果粒はきわめて罹病性になるため、無袋栽培では成熟期に降雨が多いと二次感染によって甚大な被害となることがある。
病原菌 は7~37℃と幅広い温度域で生育できるが、適温は26~29℃である。

防除

薬剤防除だけでは十分な効果が得られないので、耕種的対策を組み合わせて総合的に防除を行うことが重要である。特に無袋栽培では防除が難しいため、降雨が多い地域では雨よけ施設の導入を検討する。
伝染源対策として前年の穂軸や巻きひげのせん除を徹底し、菌密度の低下を図る。有袋栽培では早期の被袋、無袋栽培では早期の笠かけにより高い防除効果が得られる。二番成り果房は格好の発生源と なるので除去に努める。
薬剤防除では休眠期防除を必ず行い、生育期防除は開花期~袋かけ前まで定期的に行う。特に落花期以降の防除が重要となる。

薬剤(農薬)

休眠期防除では、デラン、パスポート、ベフラン、ベンレートなどを発芽直前に散布する。
生育期防除では、オーソサイド、ジマンダイセン、QoI剤(アミスター10、スクレアなど)などを散布する。※掲載している薬剤(農薬)は 2019年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 ブドウの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草