病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ブドウの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

べと病

Plasmopara viticola
≪病原≫原生生物(卵菌類)  ≪発病≫葉、新梢、花穂、果房

写真をクリックすると拡大します

べと病
閉じる

葉の症状。葉裏に白色で毛足の長いかびがみえる ©綿打享子

べと病
閉じる

花穂の症状。花穂全体が白色で毛足の長いかびでおおわれる ©綿打享子

べと病
閉じる

幼果の症状。小豆大期頃までは果粒全体が白色のかびで被われる ©綿打享子

べと病
閉じる

大豆大期以降の果粒では、果粒表面にかびはみられず鉛色に変色する ©功刀幸博

べと病
閉じる

多発時には新梢にも発生する ©綿打享子


被害

葉や花穂、果房に発病する。葉や花穂に発病すると葉裏や花穂全体に白いかびがみられる。果房に発病すると幼果は鉛色に変色する。花穂や果房に発病すると実被害が大きくなる。また、葉に激しく発病すると早期落葉を引き起こすため、樹勢の低下につながる。特に欧州系品種は本病に弱い性質がある。

発生

病原菌は罹病葉の病斑組織中に卵胞子と呼ばれる耐久器官をつくり越冬する。翌年、卵胞子は発芽して(大型の)?胞子のうを形成する。胞子のうから放出された遊走子が第一次伝染源となり、雨水や水滴により葉や花穂、果房に感染して発病する。病斑上に形成された分生子は風雨により二次伝染をくり返す。べと病の発生は天候に左右されることが多く、生育初期~幼果期に低温多雨が続く年は、発病が多くなる。発病の適温は20~24℃である。また、盛夏期には病勢は進展しないが、気温が低くなりはじめ、秋雨が続くと副梢の葉などで発病が多くなる。

防除

展葉5~6枚期からおよそ10日間隔で予防散布を行う。本病は軟弱徒長した新梢や過繁茂になった部分にも発生しやすいので、適正な栽培管理も大切である。発病した花穂や果房、葉などは見つけ次第除去し、園外に持ち出すなどして処分する。QoI剤(アミスター10フロアブル、ストロビードライフロアブル)に対する耐性菌が確認されている。ブドウべと病菌は薬剤耐性がつきやすいため、同一系統薬剤の連用や多回数使用を避ける。

薬剤(農薬)

ジマンダイセン、ペンコゼブ、オーソサイド、ドーシャス、ランマン、ライメイ、レーバス、ベトファイター、ジャストフィット、ゾーベックエニケード、ゾーベックエニベル、ICボルドー66D、ムッシュボルドー、園芸ボルドー、ボルドー液等。※掲載している薬剤(農薬)は 2019年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 ブドウの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草