病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

最新情報 植物病害

センブリさび病

Rust

2015-07-15 最終更新

病徴:
本病は多雨年の初秋に多く見られ,発病初期は新葉の表面に直径1~2mmの褐色斑が観察される.その後,葉の裏面にやや盛り上がった褐色の夏胞子堆である粉状菌体が形成される.秋雨期にはいると病徴は目立つようになり株全体に広がり,生気を失ったように枯死する.圃場全体が全滅する場合もある.夏胞子堆は葉の両面,特に裏面に多く,茎,がくにも散生,あるいは同心円上に群生し,小円形~不整形,はじめ表皮におおわれ,のちに破れて褐色紛状に裸出する.

病原:
Uredo sp.
担子菌類に属す.夏胞子は亜球~広楕円~倒卵形,淡黄褐色~栗褐色,表面は細かいとげにおおわれ,大きさ18.5~25(~30)×16~21μm.壁は厚さ1.5~2μmで,発芽孔は通常3個赤道上にある.リンドウ科植物に寄生するさび病菌としては,Uromyces eugentianaePuccinia gentianaeU.speciousUredo alaskanumP.swertiaeP.haleniaeなどが記載されているが,Uredo alaskanum は夏胞子堆に護膜があり,P.swertiaeP.haleniae は夏胞子世代がなしとされていることから本病菌とは異なる.本病原菌の夏胞子の形態は,Uromyces eugentianaeに最も酷似しているが,冬胞子世代が未確認であるため本菌の所属はUredo sp.に留めている.

伝染:
センブリは二年生の薬用作物で各年生株が同一圃場で栽培されており,本病は一年生株と二年生株の罹病葉が相互の伝染源となっている可能性が高い.新植圃場では,近隣の発病株からの胞子飛散により伝染し,播種後に比較的長期間寒冷紗被覆するため,初期生育期間に気づかないうちに発病まん延していると考えられる.

(2012.1.26 藤永真史)

植物病名データベースへのリンク

写真をクリックすると拡大します

閉じる

センブリさび病.一年生の病徴(藤永真史)

閉じる

センブリさび病.二年生の病徴(藤永真史)

閉じる

センブリさび病.圃場のようす(藤永真史)