病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

最新情報 植物病害

イネ南方黒すじ萎縮病

なんぽうくろすじいしゅくびょう

Southern rice black-streaked dwarf

2019-01-15 最終更新

病徴:

イネ株の萎縮,葉先のねじれ,葉脈の隆起などがみられる.症状が激しい場合には出穂が遅れ、稔実が抑制されて著しく減収する.葉先のねじれ症状はイネラギットスタント病の症状とよく似ている.ジャポニカ品種でもインディカ品種でもイネ株の萎縮が起こるが,葉先のねじれについてはインディカ品種で顕著にみられるものの,ジャポニカ品種の「ヒノヒカリ」等ではみられない.インディカ品種との交配で育成された飼料イネ品種の一部で被害が大きい.

病原:

イネ南方黒条萎縮ウイルス Southern rice black-streaked dwarf virus (SRBSDV)

ReoviridaeFijivirus属の二本鎖RNAウイルスである.本ウイルス病は2001年に中国広東省ではじめて確認され,2015年には国際ウイルス命名委員会(ICTV)によって新規ウイルスとして承認された.日本では2010年にイネで初発生が確認された.寄主範囲はイネおよびトウモロコシである.本ウイルスは,発病したイネ体内の葉鞘部に高濃度で存在する.他の部位からもウイルスは検出可能であるが,成長点からは検出されない.

伝染:

セジロウンカ(Sogatella furcifera)によってのみ媒介される.感染植物を吸汁したセジロウンカによって永続的に伝搬される.卵を通じた次世代へのウイルスの伝搬(経卵伝染)はない.セジロウンカは毎年海外から飛来するが,ウイルス保毒虫の飛来量が多いほど,また飛来時期が早いほどイネの発病株率が上昇する.

参考:

http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/pub2016_or_later/pamphlet/tech-pamph/072956.html

http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/4th_laboratory/karc/2016/karc16_s04.html

http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/karc/2014/karc14_s16.html

http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/karc/2013/karc13_s16.html

植物病名データベースへのリンク

(2018.1.29 松村正哉)

写真をクリックすると拡大します

閉じる

イネ南方黒すじ萎縮病.イネ株の萎縮.中央の株でまったく穂が出ていない(松村正哉)

閉じる

葉先のねじれ(松村正哉)

閉じる

イネ生育後期の被害.中央部で出穂が抑制されている(東貴彦)

閉じる

媒介虫のセジロウンカ成虫(松村正哉)

閉じる