病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

トマト・ナス・ピーマンの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ナメクジ類


ナメクジ

Meghimatium bilineatum
有肺目ナメクジ科

ノハラナメクジ

Derocerus laeve

チャコウラナメクジ

Lehmannina valentiana
有肺目コウラナメクジ科

写真をクリックすると拡大します

ナメクジ類
閉じる

ノハラナメクジ

ナメクジ類
閉じる

ノハラナメクジによるナス葉の被害

ナメクジ類
閉じる

ノハラナメクジによるピーマン葉の被害

ナメクジ類
閉じる

チャコウラナメクジ


被害

葉、花、果実を食害し、不規則な孔をあける。このような被害の周りには移動した痕跡として粘液が付着している。

被害作物

ナス、トマトなどナス科作物、アブラナ科作物等。

発生

周辺の雑草地からの侵入個体や圃場内残存虫が発生源になる。日中は株元や敷きワラ下等に潜み、夜植物体上にはい上がって食害する。ナメクジとチャコウラナメクジは年1回発生で、成体で越冬する。ノハラナメクジは年2回発生で春と秋に産卵する。産卵は石や落ち葉の下に行う。露地栽培では雨の多い梅雨期に発生が目立つ。施設栽培では3月頃から発生が見られる。

形態

ナメクジは、成体で約60mm。背面には3本の縦線があるが、両側の2本がよく目立つ。ノハラナメクジは、成体で25〜30mm。全体的に黒紫色で模様はない。チャコウラナメクジは、成体で約70mm。体色は全体的に灰黄色で背面に楯状の肉枝を有し、2本の縦線がある。

防除

高湿度を好むので、作物残渣、鉢物、資材などを置かないようにする。逆に、餌を置いたり隠れ場所を作り、集まったものを捕殺する。発生が多い場合には薬剤で防除する。

薬剤(農薬)

ナメキール、ナメトックス、ナメトリン、マイマイペレット、マイキラーなどのメタアルデヒド製剤。ナメトール、スラゴなどの燐酸第二鉄剤。薬剤によって適用登録内容が異なるので注意する。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 トマト・ナス・ピーマンの病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫