病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

トマト・ナス・ピーマンの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ヨトウガ

Mamestra brassicae
チョウ(鱗翅)目ヤガ科

写真をクリックすると拡大します

ヨトウガ
閉じる

ナス葉を加害する幼虫

ヨトウガ
閉じる

交尾中の成虫。体長約15mm

ヨトウガ
閉じる

ヨトウガ幼虫による被害(ナス)

ヨトウガ
閉じる

トマト果実を加害する幼虫

ヨトウガ
閉じる

ピーマン果実に食入した幼虫


被害

ふ化幼虫は集団で表皮を残して葉裏を食害するため、産卵された葉は白変する。幼虫が大きくなると葉に大きな孔をあけ、ひどい場合には葉脈だけになる。また、中・成熟幼虫になると果実に食入し、内部を食い荒らす。

被害作物

ナス、ピーマン、トマトなどナス科作物はもとよりキャベツなどのアブラナ科野菜等広範囲に及ぶ。

発生

関東以西の温暖な地域では春と秋の2回発生で、夏季には夏眠する。しかし、夏季冷涼な地域では夏眠せず、年2回発生する。被害は関東以西の温暖な地域では5月と9〜10月に多く、冷涼な地域では9〜10月に集中する。越冬は土中で蛹で行う。雌成虫は葉裏に数百個の卵をかためて産みつける。1〜3齢幼虫は緑色で、シャクトリムシのような歩行をする。成長すると淡褐色〜暗褐色になり、昼間は株元などに潜み、夜活発に食害するようになる。幼虫は6齢を経て土中で蛹化する。発生は雨の少ない年に多い傾向がある。

防除

施設栽培や雨除け栽培では側窓、天窓への防虫ネット被覆、防蛾灯(黄色蛍光灯)の点灯で発生を抑制できる。また、幼虫が集団で食害している時期に葉ごと除去する。多発時には薬剤による防除が必要になる。幼虫が大きくなると薬剤の効果が劣るので、若齢幼虫の防除に努める。

薬剤(農薬)

コテツ、BT剤(サブリナ、ゼンターリ、フローバック等)。作物によって登録内容が異なるので注意する。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 トマト・ナス・ピーマンの病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫