病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ハダニ類

ダニ目ハダニ科 《加害》葉

写真をクリックすると拡大します

ハダニ類
閉じる

トマト葉の被害

ハダニ類
閉じる

ナス葉の被害

ハダニ類
閉じる

ピーマン葉の被害

ハダニ類
閉じる

カンザワハダニ雌成虫。体長約0.5mm

ハダニ類
閉じる

クモの巣状に糸を張り、分散するナミハダニ

ハダニ類
閉じる

ナミハダニ雌成虫。体長約0.6mm

ハダニ類
閉じる

ナミハダニ赤色型雌成虫。体長約0.6mm


カンザワハダニ

Tetranychus kanzawai

ナミハダニ

Tetranychus urticae

被害

葉に白色の小斑点が生じ、ひどくなると褐変落葉する。被害が激しい場合には、生育が抑制される。ピーマンでは加害されると白色の小斑点が生じるだけでなく、葉脈間が黄化し、落葉しやすくなる。トマトではナス、ピーマンに比べると発生頻度は低い。

被害作物

ナス、ピーマンなどナス科、スイカ、メロンなどウリ科、イチゴ等広範囲に及ぶ。

発生

苗による持ち込み、周辺雑草からの歩行、風による飛来、作業者の衣服への付着などによって侵入する。圃場での発生は、初めは局所的であるが、徐々に面的な広がりになる。カンザワハダニ、ナミハダニ(黄緑色型)は短日、低温条件下で休眠するが、赤色型のナミハダニ(かつてニセナミハダニと呼ばれていた)は休眠をしない。黄緑色型のナミハダニも休眠個体は朱色を呈する。施設栽培では加温、無加温を問わず、いずれのハダニも冬季にも休眠することなく繁殖するため、栽培期間を通じて発生する。ただし、通常発生の多い時期は、気温が高くなり始める3月以降である。露地栽培や雨除け栽培では梅雨明け以降、発生が多くなる。発生は高温、乾燥条件下で多くなる。適温下での卵から成虫になるまでの期間は約10日であり、発生すると短期間内に高密度になる。密度が高くなると糸を吐き、クモの巣のようなネットを張り、葉先、生長点部あるいは支柱の先端に集まってコロニーを形成し、糸を吐いて風に乗って分散を始める。いずれのハダニも両性生殖と単為生殖を行うが、単為生殖の卵から産まれた個体は全て雄になる。

防除

天敵としてスパイデックス、カブリダニPP、チリトップ、スパイカルEX、ミヤコトップ等が市販されている。多発時には薬剤による防除が必要。

薬剤(農薬)

アグリメック、オサダン、カネマイト、コテツ、コロマイト、サンヨール、スターマイト、ダニサラバ、ダニトロン、粘着くん、バロック、ピラニカEW、マイトコーネ・ダニ太郎、マシン油(ラビサンスプレーなど)、モベント等。なお、作物によって登録内容が異なるので注意。※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 トマト・ナス・ピーマンの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫