病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

トマト・ナス・ピーマンの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ホコリダニ類

写真をクリックすると拡大します

ホコリダニ類
閉じる

チャノホコリダニ雌成虫。体長約0.25mm

ホコリダニ類
閉じる

チャノホコリダニ卵

ホコリダニ類
閉じる

ナス生長点部の被害(チャノホコリダニ)

ホコリダニ類
閉じる

ナスの被害葉。葉裏が淡褐色になり、光沢を帯びる(チャノホコリダニ)

ホコリダニ類
閉じる

ナス果実、茎部の被害(チャノホコリダニ)

ホコリダニ類
閉じる

ピーマン果実の被害(チャノホコリダニ)

ホコリダニ類
閉じる

ピーマン生長点部の被害(チャノホコリダニ)

ホコリダニ類
閉じる

スジブトホコリダニ雌成虫。体長約0.25mm。個体によっては胴体中央部に黒い帯状紋が見られる

ホコリダニ類
閉じる

スジブトホコリダニ卵

ホコリダニ類
閉じる

生長点部が黒変し、芯止まりになったピーマン(チャノホコリダニ)

ホコリダニ類
閉じる

スジブトホコリダニによるナス生長点部の被害。チャノホコリダニの被害に酷似

ホコリダニ類
閉じる

トマト果実の被害(スジブトホコリダニ)


チャノホコリダニ

Polyphagotarsonemus latus

ダニ目ホコリダニ科

被害

生長点部や若い葉に好んで寄生する。ナスでの初期の被害症状は生長点部が細くなり、葉がやや硬化したように見える程度であるが、ひどくなると葉が奇形化し、ホルモン障害に似た症状を呈して芯止まりになる。若い葉は葉裏が光沢を帯び褐変する。幼果が加害されると被害部が灰褐色を帯びたサメ肌状になる。花蕾が加害されると花弁が退色し、奇形花になる。茎、果梗、へたも被害部は褐変する。ピーマンでもナスと同様の被害症状を呈するが、被害がひどくなると生長点が黒変して芯止まりになる。ナス、ピーマンが一度芯止まりを起こすと回復するまでに約1か月を要するため、被害は大きい。トマトでの被害は少ない。

被害作物

ナス、ピーマンなどナス科、キュウリなどウリ科、インゲン、イチゴ等。

発生

苗による持ち込み、雑草地からの侵入などが主な発生要因と考えられるが、コナジラミ類の脚に取り付いて移動していることが知られている。発生初期は局所的であるが、整枝、収穫作業などで急速に周辺の株に広がる。最近、マルハナバチや天敵を導入し、薬剤の使用が少ない施設で発生が著しく多くなっている。発育態は卵、幼虫、成虫である。発育速度は早く、短期間で高密度になる。25℃下で卵から成虫までの発育期間は約6日である。両性生殖と単為生殖を行い、単為生殖の卵から生まれた個体は全て雄になる。

防除

薬剤以外に有効な防除法はなく、発生を認めたら早めに薬剤散布を行う。天敵のスワルスキー(施設栽培野菜類)も有効。

薬剤(農薬)

アニキ、アファーム、アプロード、カネマイト、コテツ、スターマイト、ハチハチ、パルミノ・モレスタン、ピラニカEW、モベント等。 作物によって登録内容が異なるので注意する。※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

スジブトホコリダニ

Tarsonemus bilobatus

ダニ目ホコリダニ科

被害

生長点部がホルモン障害様を呈し、ひどい場合には芯止まりになる。チャノホコリダニによる被害と酷似しているが、芯部が黒変、枯死するような被害は現れない。なお、トマトでは、果面に付着した花弁に灰色かび病などが発生すると、そこで繁殖した個体に加害され、かさぶた状の傷が生じることがある。

被害作物

ナス、ピーマン、トマト、キュウリ、メロン等。

発生

圃場に施用された有機物や敷きワラなどが発生源となる。有機物が分解する過程で大量に発生し、生長点部に移動して加害する。発生時期は、主に育苗時と本圃初期である。元来、食菌性のダニであるため、有機物が完全に分解すると急速に密度が低下する。健全な植物体上で繁殖することはほとんどないが、灰色かび病などの病害が発生した部位では、これらの菌を摂食して繁殖する。25℃における卵から成虫までの期間は約5日であり、発生すると短期間内に高密度になる。

防除

稲ワラなどの施用を避け、十分腐植化した有機物を施用する。

収録:防除ハンドブック「 トマト・ナス・ピーマンの病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫