病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

トマト・ナス・ピーマンの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ナス褐色円星病

Paracercospora egenula

写真をクリックすると拡大します

ナス褐色円星病
閉じる

はじめ白色~淡褐色の小斑点を生じる

ナス褐色円星病
閉じる

症状の進んだ病斑。中心が破れやすくなる

ナス褐色円星病
閉じる

多数の病斑が生じると葉全体が黄化・枯死する


被害

葉に白色~淡褐色の小斑点を生じ、円形~楕円形の5~6mmの斑点となる。周縁が褐色~赤褐色、中側が灰褐色の病斑に進み、古くなると中心部が破れて穴が開く。多湿時には病斑上に暗灰色のかびが生える。発病が激しいと病葉は全体が黄化、枯死し、落葉する。

被害作物

ナス。

発生

8~9月頃発生し、秋口に雨が多い時や肥料切れで多発する。病原菌は被害残渣とともに圃場に残り、病斑上に形成される胞子によって周囲にまん延する。

防除

肥料切れしないようにする。発病葉を取り除く。

収録:防除ハンドブック「 トマト・ナス・ピーマンの病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫