病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

トマト・ナス・ピーマンの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

トマト褐色輪紋病

Corynespora cassiicola

写真をクリックすると拡大します

トマト褐色輪紋病
閉じる

発病初期の表面と裏面の病斑

トマト褐色輪紋病
閉じる

典型的な病斑。病斑の周囲の黄色が鮮明である

トマト褐色輪紋病
閉じる

果実に発生した病斑


被害

主に葉に発生するが、被害が激しいと茎、果実にも発生する。葉でははじめ黄色の斑点を生じ、次第に拡大して周縁が黄色、内部が褐色輪紋状の病斑となる。茎では長楕円形の斑点となる。果実ではややくぼんだ茶褐色輪紋状の病斑となる。

被害作物

トマト。

発生

病原菌は被害残渣や施設内の資材に付着して生き残り、病斑上に形成されるかびの胞子でまん延する。種子伝染も確認されている。

防除

圃場内を清潔に保ち、病葉は直ちに摘み取る。

収録:防除ハンドブック「 トマト・ナス・ピーマンの病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫