病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

トマト・ナス・ピーマンの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

トマト菌核病

Sclerotinia sclerotiorum

写真をクリックすると拡大します

トマト菌核病
閉じる

茎、果梗、幼果に発生した病斑。表面に白いかびが見える

トマト菌核病
閉じる

茎に発生した病斑

トマト菌核病
閉じる

腐敗した果実の表面には白いかびとネズミの糞状の菌核が形成されている

トマト菌核病
閉じる

地際の茎に発生した病斑。白い菌糸が見える

トマト菌核病
閉じる

地際の茎が侵されるとその上部は萎れる


被害

茎、葉、果実に発生する。茎でははじめ、暗緑色の水浸状病斑を生じ、やがて病斑は暗褐色となり、拡大して茎を取り巻くようになると、それより上の部分は萎れて枯死する。多湿時には病斑上に白い綿状~くもの巣状のかびを生じる。病斑が古くなると乾燥し、茎の内部には黒色でネズミの糞状の菌核を形成する。果実では、まず咲き終わった花弁や柱頭が発病してかびを生じ、次第に果実部分に広がって水浸状の病斑を生じる。病斑上には白いかびを生じ、病斑が古くなると病斑上に菌核を形成する。果実の病斑は灰色かび病と似ているが、菌核病の場合は灰色のかびを生じないので見分けられる。

被害作物

ナス、ピーマンのほか、インゲンマメ、キュウリ、スイカ、レタス、ミツバなど多くの作物に寄生する。

発生

主に施設栽培で発生する。気温が20℃以下で、多湿のとき多発する。土壌中に菌核の形で生存し、ここから小さなきのこ状の子のう盤が形成される。子のう盤から子のう胞子が飛散し、これが伝染源となる。

防除

地表面をマルチで覆う。ハウス内が加湿にならないように管理する。密植を避け、適切な肥培管理で植物体が過繁茂にならないようにする。発病茎葉、果実は菌核が形成される前に取り除く。

薬剤(農薬)

アフェット、カンタス、ゲッター、トップジンM、ピクシオ、ベンレート等。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 トマト・ナス・ピーマンの病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫