病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

トマト・ナス・ピーマンの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

トマト葉かび病

Fulvia fulva

写真をクリックすると拡大します

トマト葉かび病
閉じる

葉の表面に現れた初期病斑とその裏面(右)

トマト葉かび病
閉じる

トマト葉かび病
閉じる

やや古くなった病斑

トマト葉かび病
閉じる

典型的な葉の表面の病斑とその裏面(右)。裏面には灰黄色~緑褐色のかびが密生している

トマト葉かび病
閉じる

トマト葉かび病
閉じる

激しく発病すると下葉から枯れ上がってくる


被害

葉の表面に淡黄色の不鮮明な病斑を形成し、裏面には灰黄色~緑褐色のビロード状のかびを密生する。病勢が進むにつれてかびの色は褐色~灰紫色に濃さを増していくとともに、病斑は拡大して葉脈に囲まれた不整形となり、やがては乾燥して枯死する。発病が激しいと、ほとんどの葉が侵されて多数の病斑を生じ、枯れ上がるため、着果不良や果実の肥大不足、早期着色を引き起こす。

被害作物

トマト。

発生

主に施設栽培で春と秋に発生する。気温が20~25℃で多湿の時発生しやすい。病原菌は被害葉やハウス内の各種資材等に付着して生き残る。病斑上に形成されたかびの胞子が飛散して周囲にまん延する。生育が衰えたとき発生しやすい。

防除

施設内の湿度を低下させる。早朝加温、換気、マルチなどは湿度の低下に有効である。密植を避け、適切な肥培管理によって植物体が過繁茂にならないようにする。肥料不足とならないようにする。抵抗性品種を用いる。早めに薬剤散布する。

薬剤(農薬)

アフェット、アミスターオプティ、カリグリーン、カンタス、ジマンダイセン、スコア、ダコニール1000、トップジンM、トリフミン、ベルクート、ペンコゼブ、微生物農薬(インプレッション、タフパール他)等。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 トマト・ナス・ピーマンの病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫