病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

菜園の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ミカンキイロアザミウマ

Frankliniella occidentalis
アザミウマ(総翅)目アザミウマ科

写真をクリックすると拡大します

ミカンキイロアザミウマ
閉じる

成虫(冬型。イチゴ果実)

ミカンキイロアザミウマ
閉じる

キュウリの被害(葉の小さい白点)

ミカンキイロアザミウマ
閉じる

イチゴの被害(果面の褐変)


被害

雌成虫は1.5mm内外、雄成虫は1.1mm内外。成熟幼虫は1.1mm内外。成虫や幼虫が主に花、子房、幼果を吸汁食害する。軽微な被害としては部分的にシルバリング(白銀化)症状が葉裏に発生するが、高密度になるにつれ、葉の退色、葉枯れ、芽の萎縮、傷果が発生する。子房への産卵痕がトマトでは白膨れ症状、メロンでは果面が緑斑症状となる。イチゴでは幼果の加害が果面の着色不良や果実の萎縮となり、ナスでは果実下底部に白斑が生じる。ウイルス(TSWV)を媒介する。

被害作物

トマト、メロン、イチゴ、ナス、ピーマン、キュウリ、シュンギク等。

発生

海外からの侵入種で、形態はヒラズハナアザミウマと近似する。成虫の体色は夏季は黄色であるが、冬季は茶褐色となる。非常に広食性でほとんどの顕花植物の花器に寄生する。野外では5~10月に発生するが、高温に強いので夏季に多発する。非休眠性のため、施設内では冬季も増殖し、高温となる3月以降に発生が多くなる。野外では高温少雨で多発する。施設栽培では、高温栽培の作物ほど発生は多くなる。

防除

薬剤防除を行う。市販の天敵を放飼する。施設では防虫網を張り成虫の飛来を防止する。圃場周辺の除草を徹底する。

薬剤(農薬)

アーデント、アクタラ、アタブロン、アニキ、アファーム、カウンター、カスケード、コテツ、スピノエース、パダン、ハチハチ、ボタニガード、モスピラン、天敵(オリスター、スワルスキー、タイリク、トスパック等)等(作物ごとに登録を確認して使用する)。※掲載している薬剤(農薬)は2015年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 菜園の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫