病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

菜園の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

サヤインゲン炭疽病

Colletotrichum lindemuthianum

写真をクリックすると拡大します

サヤインゲン炭疽病
閉じる

葉では輪郭のはっきりした病斑が生じる

サヤインゲン炭疽病
閉じる

さやは病斑の虫食い痕のように凹む

サヤインゲン炭疽病
閉じる

病斑上には多数の少黒点と胞子の塊が発生する


被害

葉身には不整形で周辺がくっきりとした淡褐色の病斑ができる。さやには陥没した虫食いのような病斑が生じる。葉柄や葉脈、茎にやや凹んだ褐色の病斑ができると葉が奇形となり、萎縮、枯死する。病斑上には微小な黒点が多数発生し、湿度が高いと橙色の胞子の塊がにじみ出る。

発生

降雨が連続すると発病しやすい。胞子は雨滴により飛散する。

防除

連作をしない。被害茎葉を取り除く。

収録:防除ハンドブック「 菜園の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫