病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

菜園の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

エダマメ黒根腐病

Calonectoria crotalariae

写真をクリックすると拡大します

エダマメ黒根腐病
閉じる

茎葉が萎れて、黄化、枯死する(エダマメ)

エダマメ黒根腐病
閉じる

患部に赤褐色の微小な点が多数形成される(ダイズ)


被害

下葉から黄色くなり、上葉に枯れ上がる。茎の地際部は褐色~赤褐色になり、白いかびが生え、のち赤橙色の微小な点が多数発生する。被害株の根は表皮が腐敗し、細根が少ないために、株が抜けやすい。

被害作物

他にラッカセイ等に発生する。

発生

7月上旬頃から発生する。病原菌は罹病植物の残渣とともに土壌中で生存する。品種により発病に差がある。雨水がたまる畑で発病しやすい。

防除

連作をしない。残渣は丁寧に処分する。

収録:防除ハンドブック「 菜園の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫