病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

菜園の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

モロヘイヤ黒星病

Cercospora corchori

写真をクリックすると拡大します

モロヘイヤ黒星病
閉じる

下葉に病斑が発生し、徐々に上葉へ広がる

モロヘイヤ黒星病
閉じる

葉表に黒褐色の小斑ができ、病斑が重なり合い、拡大する

モロヘイヤ黒星病
閉じる

葉裏の病斑は輪郭がはっきりしない


被害

葉表に葉脈に区切られた数mm大の黒紫色の小斑点が多数生じる。葉裏の病斑は色が淡く褐色となる。多発すると病葉は黄変し、落葉する。茎では淡褐色~黒褐色、紡錘形、長さ5mm前後の病斑ができる。さく果も発病し、黒い斑点を生じる。葉では主に病斑裏にすすのようなかび(胞子等)が発生する。

発生

病原菌は罹病した植物残渣上に生存し、これが伝染源となる。種子にも病原菌が付着する。降雨が連続すると発病が多い。

防除

病葉や残渣は処分する。雨よけすると発病が少ない。

収録:防除ハンドブック「 菜園の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫