病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

菜園の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

シソ褐斑病

Septoria perillae

写真をクリックすると拡大します

シソ褐斑病
閉じる

下葉から発生し、枯れ上がる

シソ褐斑病
閉じる

葉に暗褐色の病斑が多数生じる


被害

葉に黒色の小斑点が多数生じ、徐々に拡大し、病斑どうしが重なり合い、大型の病斑となる。やがて病斑部や周辺が乾燥し、葉枯れを起こす。下葉や老化した葉から発病しやすい。株が小さいと衰弱する。

発生

病斑上の胞子が雨のしずくとともに飛散する。密植だと湿度が高まり、発病が多くなる。

防除

発芽が多い場合には適度に間引く。湿度を高めないため、雨水がたまらないようにする。発病初期に病葉を除去する。

収録:防除ハンドブック「 菜園の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫