病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

菜園の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

アブラナ科類モザイク病

Turnip mosaic virus(TuMV)他

写真をクリックすると拡大します

アブラナ科類モザイク病
閉じる

葉色が濃淡で凹凸のあるモザイクを生じる(コマツナ)

アブラナ科類モザイク病
閉じる

モザイクや縮れを生じ、生育が劣る(ダイコン)

アブラナ科類モザイク病
閉じる

手前はモザイク病の被害。後方は光反射マルチフィルムでアブラムシの飛来を防ぎ、モザイク病の発生を抑えた(ダイコン)


被害

葉に葉色の濃淡が出るモザイク症状が見られ、凹凸や縮れが顕著となる。葉の生育は不良となり、根部の肥大も劣る。生育初めに発病すると被害が大きい。

被害作物

カブ、キャベツ、コマツナ、ダイコン、チンゲンサイ、ハクサイ等。

発生

夏~初秋に高温乾燥の年は病原ウイルスを運ぶアブラムシの飛来が多く、発病しやすい。

防除

光反射マルチフィルム等でアブラムシの飛来を防ぐ。防虫ネットやべたがけ資材で被覆する。薬剤によりアブラムシを防除する。

薬剤(農薬)

アブラムシ防除にアクタラ、アグロスリン、アドマイヤー、ウララ、スタークル、スミチオン、ダントツ、ハチハチ、モスピラン、天敵(アフィパール、ナミトップ等)等(作物ごとに登録を確認して使用する)。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 菜園の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫