病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

菜園の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ナス褐紋病

Phomopsis vexans

写真をクリックすると拡大します

ナス褐紋病
閉じる

茎の分岐部が褐変し、病斑が広がり、上部が枯れる

ナス褐紋病
閉じる

葉に褐色で輪紋のある円い斑点が生じ、病斑周辺から黄化する

ナス褐紋病
閉じる

果実には淡褐色でやや凹み、輪紋のある円い病斑が連続して発生する


被害

葉に褐色で同心円をもつ1cm程度の斑点が発生し、後に破れる。果実では淡褐色で凹んだ大型の病斑ができる。茎に発生すると病斑の上部は萎れて枯れる。特に茎の地際部に発生すると株枯れを起こし、被害が大きい。病斑上に多数の微小な黒点が見られる。

発生

病原菌は罹病植物の残渣に生存する。降雨が連続すると発病が多い。水はけが悪い畑で発生しやすい。

防除

罹病植物の残渣は処分する。罹病した茎や葉は早めに除去する。罹病果実や老化した果実は取り残さない。

収録:防除ハンドブック「 菜園の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫