病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

菜園の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

うどんこ病

Erysiphe spp. Oidium spp. Podosphaera spp.他

写真をクリックすると拡大します

うどんこ病
閉じる

全葉がうどん粉を振りかけたように白くなる(キュウリ)

うどんこ病
閉じる

粉のようにみえる胞子が飛散してまん延する(キュウリ)

うどんこ病
閉じる

多発すると根の肥大に影響する(ニンジン)

うどんこ病
閉じる

密植すると発病が多くなる(トマト)

うどんこ病
閉じる

白粉が薄く広がる(ナス)

うどんこ病
閉じる

多数発生すると収量に影響する(サヤエンドウ)

うどんこ病
閉じる

果実に発生すると収穫できない(イチゴ)

うどんこ病
閉じる

収穫後に白いかびが広がった果実(イチゴ)


被害

葉、茎、果実等に白い粉を振りかけたようにかびが発生する。植物により、かびが厚く被う場合と、かびが薄く這うためによく観察しないと発病がはっきりしない場合がある。葉では初め白いかびが円く広がり、しだいに葉全体を被う。激しい場合は葉茎が縮み、波を打ったようになる。葉の生気はなくなり、株の生育が不良となる。やがて下葉から枯れ上がる。イチゴ等では果実にも発生し、収穫できなくなる。

被害作物

イチゴ、カボチャ、キュウリ、サヤエンドウ、トマト、ナス、ニンジン、パセリ等。

発生

病原菌は種類が多く、花にも野菜と共通の病原菌によるうどんこ病が発生する。品種によって発病の差がある。胞子が風で飛散する。やや乾燥状態で発生しやすい。罹病植物残渣や資材に付着して生存できる。

防除

同一の植物や同じ科の植物を連作しない。罹病植物残渣は処分する。支柱等の資材を消毒する。早めに薬剤防除する。

薬剤(農薬)

アフェット、アミスター、オレート、カリグリーン、サプロール、サルバトーレ、サンヨール、ジーファイン、スコア、ストロビー、ダイマジン、ダコニール、トリフミン、ハーモメイト、バイオワーク(生物農薬)、ハチハチ、パンチョ、ブリザード、フリント、フルピカ、ベルクート、ボトキラー(生物農薬)、ポリオキシンAL、ポリベリン、モレスタン、ラリー等(作物ごとに登録を確認して使用する)。※掲載している薬剤(農薬)は2015年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 菜園の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫