病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

アブラナ科野菜の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ネキリムシ類


写真をクリックすると拡大します

ネキリムシ類
閉じる

成熟幼虫と蛹 ©平井一男

ネキリムシ類
閉じる

タマナヤガ幼虫と株元をかじり倒されたキャベツ ©全農教

ネキリムシ類
閉じる

カブラヤガ幼虫と加害されたチャービル ©竹内浩二

ネキリムシ類
閉じる

カブラヤガ(左)・タマナヤガ(右)成虫 ©竹内浩二


カブラヤガ

Agrotis segetum

チョウ目ヤガ科

タマナヤガ

Agrotis ipsilon

チョウ目ヤガ科

被害

幼虫は日中、土の中や株元に潜み、夜間になると地際部の茎をかじり、葉や茎を引き込みながら食害する。若齢幼虫は葉を食害するが、成熟幼虫は土中に潜り、夜間に発芽直後の幼茎や定植苗をかじり倒し、大きな被害を及ぼすこともある。ネキリムシ類にはカブラヤガ、タマナヤガ、センモンヤガ、オオカブラヤガが含まれるが、カブラヤガとタマナヤガは、ネキリムシ類の代表2種である。

被害作物

アブラナ科では、キャベツやブロッコリーなどの定植苗や、ダイコンが発芽した直後に被害が発生する。きわめて雑食性で各種野菜類、花卉類(キク、グラジオラス他)などで被害が発生する。他にマメ科、イネ科、タデ科、ナス科、サトイモ科、アオイ科、ショウガ科、シソ科、セリ科、バラ科、アカザ科、キク科、ユリ科、ネギ科、ウリ科、ヒルガオ科などが加害される。

発生

カブラヤガの成虫前翅長は約23㎜で、丸く黒く縁取られた腎状紋が目立つ、タマナヤガはやや大きく約45㎜で、前翅の腎状紋外側の黒すじが目立つ。幼虫は暗灰褐色、40~45㎜になる。若齢幼虫は淡緑色、成長すると淡褐色や灰黄色などになるが、変異は大きい。タマナヤガの幼虫の体表はカブラヤガに比べ光沢に欠け、サメ肌状である。 幼虫は若齢期を除いて植物体上に留まらず、土中などに潜む。夜間に活動し、移動しながら次々に株を倒すので、発生数が少なくても被害が大きくなる。カブラヤガは年3~4回発生を繰り返し、幼虫態で越冬する。カブラヤガは夏にやや多くなるが、タマナヤガは1年を通して個体数の変動は少なく、年に4~5回発生を繰り返し、春と秋にやや多く発生する。どちらの発生も、猛暑の年には多くなる傾向がある。北日本では突発性の移動侵入昆虫とされている。両種とも土中で蛹化する。 国内での分布はほぼ同様で、北海道、本州、四国、九州、沖縄諸島などに生息し、同時に混発することもまれではないが、発生はカブラヤガの方が多い。国外では朝鮮半島、中国、樺太、朝鮮半島、中国、台湾、インド、オーストラリアに分布する。

防除

株が急に萎凋したり、倒れるなどの被害が見られたら、株元がかじられていないかを確認し、株元や周囲の土を掘って幼虫を探して捕殺する。各種雑草が発生源や隠れ場所となっているので、除草するとともに、周辺の雑草地から幼虫が侵入しないように注意する(除草のタイミングによっては作物への移動を助長することがある)。ダイコンの播種時やキャベツなどの移植苗の定植時に粒剤を施用すると省力的である。 フェロモントラップにより、発生予察が可能で、地域の病害虫防除所などが提供する発生情報を入手して発生状況を把握する。

薬剤(農薬)

ネキリムシ類防除用には有機リン系、合成ピレスロイド系、クロルピクリン系、カーバメート系、ジアミド系、ネオニコチノイド系など約240剤が登録されている。常発地域では近くの指導機関やJAが推奨する効果の高い薬剤を選定し、播種時や定植時に使用基準を守り全面土壌混和、株元散布、地表面散布などを心がける。(竹内浩二・平井一男)※掲載している薬剤(農薬)は 2018年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 アブラナ科野菜の病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草