病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

アブラナ科野菜の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

シロモンヤガ

Xestia c-nigrum
チョウ(鱗翅)目ヤガ科モンヤガ亜科

写真をクリックすると拡大します

シロモンヤガ
閉じる

成熟幼虫 ©平井一男

シロモンヤガ
閉じる

成虫 ©平井一男


被害

幼虫が葉を食害する。

被害作物

キャベツ、ジャガイモ、マメ科牧草、ダイズ、ムギなど広範囲の植物。

発生

成虫の前翅長は22~26㎜、前翅中央にやや白っぽい三角形の紋がある。後翅は暗めの白色。幼虫は全体に薄茶色で逆八の字の模様がある。北海道、本州、四国、九州、対馬、朝鮮半島、中国、ユーラシア、ヒマラヤなどに生息する。成虫は5~6、8~10月に出現する。誘蛾灯に多く集まる。冬季はキャベツやハクサイの株内で幼虫が越冬する。アブラナ科作物には多発することはない。

防除

アブラナ科作物では多発することはないので、特別の防除は必要とせず捕殺すれば間に合う。 (平井一男)

収録:防除ハンドブック「 アブラナ科野菜の病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草