病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ネギの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

軟腐病(なんぷびょう)

Erwinia carotovora subsp. carotovora など
《病原》細菌

写真をクリックすると拡大します

軟腐病(なんぷびょう)
閉じる

地下部の腐敗による下葉の枯死 ©全農教 

軟腐病(なんぷびょう)
閉じる

株が消失し、欠株となる ©全農教

軟腐病(なんぷびょう)
閉じる

葉鞘部の軟化腐敗 ©全農教


被害

葉鞘部と根に発生する。土壌中の葉鞘の一部に淡褐色の不整形病斑を生じる。病斑はしだいに拡大し、軟化腐敗する。下葉は黄化し、生育は不良となる。腐敗が激しくなると葉鞘部全体が軟化腐敗し、強い悪臭を放つ。病斑が地際まで達すると、地際から折れて倒伏し、ついには株全体が腐敗消失する。根でははじめは一部が褐変腐敗するが、しだいに全体に広がり、茎盤部にも腐敗が及ぶ。根は腐敗脱落し、やがて葉鞘部にも腐敗が及んで悪臭を放ち、株全体が萎凋、枯死する。

被害作物

多犯性で、ネギの他、多くの野菜、花などを侵す。

発生

細菌による病害で、病原菌は土壌中に残り、土壌伝染する。病原菌は土寄せ時などに生ずる傷口などから侵入し、組織を軟化腐敗させる。病原菌は灌水や降雨によって土とともに跳ね上がり、周囲に広がるとともに、土壌中を水とともに移動し、まん延する。病原菌は高温で増殖が激しく、高湿度は病原菌の増殖、感染に好適である。本病は初夏~初秋の高温時に土壌湿度が高いと発病しやすく、長雨、台風などによる集中豪雨などで激発する。排水不良の畑で発病は多くなる。根深ネギで被害が大きい。ネギの細菌による病害は、軟腐病のほかに、腐敗病、斑点細菌病、葉枯細菌病がある。腐敗病の場合は葉や葉鞘が腐敗し、斑点細菌病、葉枯細菌病は葉に斑点を生じる。これらの細菌病のうち軟腐病の症状が最も激しい。また、軟腐病は特有の悪臭を放つので見分けられる。

防除

連作を避けるとともに、本病が発生しやすい作物の栽培もしない。排水を良くし、土壌が多湿にならないようにする。発病株は速やかに抜き取って圃場外に適切に処分する。適正な肥培管理を行う。発病が予想される場合は早めに収穫する。早めに薬剤散布する。

薬剤(農薬)

Zボルドー・コサイド(野菜類)、オリゼメート(ネギ、ワケギ、アサツキ)、カスミンボルドー(ネギ)、カッパーシン(ネギ)、スターナ(ネギ)、ナレート(ネギ)、バイオキーパー・エコメイト(野菜類)、 バリダシン(ネギ)、マスターピース(野菜類)、ヨネポン(ネギ、ワケギ、アサツキ)など※掲載している薬剤(農薬)は 2018年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 ネギの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草