病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ニホンナシの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

根頭がんしゅ病

Agrobacterium tumefaciens
《病原》細菌  《発病》地際付近と根部

写真をクリックすると拡大します

根頭がんしゅ病
閉じる

苗木根部に発生したこぶ状のがんしゅ症状(塩田あずさ)

根頭がんしゅ病
閉じる

圃場植栽のナシ樹株元に発生したがんしゅ症状(中村仁)

根頭がんしゅ病
閉じる

圃場植栽のナシ樹株元に発生したがんしゅ症状(拡大)(中村仁)

根頭がんしゅ病
閉じる

圃場植栽のナシ樹根部に発生したがんしゅ症状(堀上げた状態)(中村仁)


被害

地際部や根部に大小様々のこぶ(がんしゅ)が形成される。発病樹は葉色が淡く、樹勢が弱まる。これを目印に根部を掘ってみるとがんしゅがみつかることも多い。苗木に発生すると新梢の伸び出しが悪くなるなど生育不良となり、枯死にまで至る場合がある。

発生

病原細菌は土壌中に生存しており、苗木育成圃場では苗木の掘り取り時、本圃では苗木の植付け時などに生じた根の傷口から侵入し、細胞間隙で増殖する。また、接木時に罹病穂木を用いることで保菌苗となる。同じ病原菌でキク、バラ等でも発病する。

防除

無病苗を植付ける。発病圃場において改植を行う場合は、客土や根域制限を行うなどして病原細菌の感染を予防する。また、接木後の苗木の定植時および苗木育成圃場から本圃への移植時に苗の根部を生物農薬に浸漬する。

薬剤(農薬)

バクテローズ※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 ニホンナシの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草