病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ニホンナシの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

シンクイムシ類


写真をクリックすると拡大します

シンクイムシ類
閉じる

果実ていあ部のシンクイムシ類食入痕 ©鹿島哲郎

シンクイムシ類
閉じる

果実内部のシンクイムシ類食害痕 ©鹿島哲郎

シンクイムシ類
閉じる

接触面のシンクイムシ類食害痕 ©鹿島哲郎

シンクイムシ類
閉じる

シンクイムシ類によるハナモモの芯折れ ©鹿島哲郎

シンクイムシ類
閉じる

ナシヒメシンクイ成虫 ©全農教

シンクイムシ類
閉じる

モモシンクイガ成虫 ©梅谷献二

シンクイムシ類
閉じる

ナシヒメシンクイ幼虫 ©全農教

シンクイムシ類
閉じる

モモシンクイガ幼虫 ©全農教


ナシヒメシンクイ

Grapholita molesta

チョウ目ハマキガ科

モモシンクイガ

Carposina sasakii

チョウ目シンクイガ科

被害

幼虫がナシ果実を食害する。ナシヒメシンクイの幼虫は、果梗の付根、果実と葉の接触面、果実同士の接触面などを食害し、若齢幼虫は果実表面の果肉を食害するが、成熟すると果実内部に侵入して芯部を食害する。食入痕からは、虫糞が排出され糞塊となる。モモシンクイガ幼虫は、果梗の付根などから食入するが、虫糞を出さないため発見するのは難しい。食入した幼虫は、種も含めて芯部を食害する。成熟すると直線的な孔道を作って果実から脱出する。いずれの場合も、被害果は被害部から腐敗する。

生態

ナシヒメシンクイは、成熟幼虫が粗皮下などに繭を作って越冬し、3月末ごろから蛹化する。越冬世代成虫は4月上旬から出現し、ついで第1世代成虫は6月下旬頃に、第2世代成虫は7月下旬頃に、第3世代成虫は8月下旬~9月上旬に発生するが、地域間差があり年間発生回数は3~5回である。越冬世代成虫はいったんナシ園を脱出し、モモやウメなどの新梢、果実を食害して増殖する。7月以降に発生する第2世代以降の成虫は、ナシ園に多く飛来して果実を加害するため、被害が大きくなる。モモシンクイガは、成熟幼虫が土中に繭を作って越冬する。年1~2回の発生で、成虫は6月から9月まで発生する。

防除

各世代成虫の発生盛期を中心に、薬剤防除を行うのが効率的である。合成ピレスロイド系殺虫剤は残効が長く効果は高いが、多用するとハダニ類やカイガラムシ類のリサージェンスを引き起こすので注意する。複合交信攪乱剤は、越冬世代成虫の発生時期から設置するのが効果的である。また、広域処理の方が防除効果があがりやすい。

薬剤(農薬)

アルバリン,エクシレル,コンフューザーN,サムコル,サイアノックス,スカウト,スタークル,ダーズバン,ダイアジノン,テルスター,ディアナ,バリアード,Mrジョーカー,モスピラン,ラービン,ロディーなど※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 ニホンナシの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草