病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ニホンナシの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

えそ斑点病


《病原》未確認  《発病》葉

写真をクリックすると拡大します

えそ斑点病
閉じる

果そう葉のえそ斑点症状(安田文俊)

えそ斑点病
閉じる

葉に形成された不整形の黒褐色病斑(安田文俊)

えそ斑点病
閉じる

葉の病斑(拡大)(安田文俊)


被害

葉に発生する。5月下旬頃から葉に不鮮明な退緑斑点が生じ、やがて1~3mmでやや角張った不整形の黒褐色病斑となる。病斑は1葉当たり数個から数十個まで様々であり、薬害による斑点や他の病害による病斑との区別が難しい場合がある。果実や枝幹部に目立った症状は認められないが、健全樹に比べて果実肥大がやや劣る。また、激しく発病すると早期落葉して樹勢が弱る。一度発病したナシ樹では毎年発病するようになるが、被害程度は年次によって差がある。

発生

本病は接ぎ木によって伝染するため、ウイルスによる病害である可能性が示唆されているが、病原はまだ確認されていない。本病は品種によって発現性(発病する)と非発現性(感染していてもまったく発病しない)に分かれる。発現性品種:二十世紀、ゴールド二十世紀、おさゴールド、新高、新雪、にっこり、南水など。非発現性品種:幸水、豊水、新水、長十郎、新興、晩三吉、愛甘水、愛宕、あきづき、秋麗、王秋、なつしずくなど。

防除

品種更新をしようとして発現性品種を高接ぎする場合に、台木とするナシ樹が本病に潜伏感染していると更新した品種で発病する。このため、非発現性品種に発現性品種を高接ぎする場合は、発現性品種の健全な穂木を予備的に接ぎ木し、潜伏感染の有無を確認しておく。もし、潜伏感染している場合は、高接ぎ後2年で症状が発現するため、発病した樹には高接ぎを行わない。

収録:防除ハンドブック「 ニホンナシの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草