病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

カキの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

その他のカメムシ類


写真をクリックすると拡大します

その他のカメムシ類
閉じる

ミナミトゲヘリカメムシによる被害果 ©堤隆文

その他のカメムシ類
閉じる

ミナミトゲヘリカメムシ成虫。体長約16~23mm ©堤隆文

その他のカメムシ類
閉じる

ホソヘリカメムシ成虫。体長約15mm ©全農教

その他のカメムシ類
閉じる

シラホシカメムシ成虫。体長約5~7mm ©全農教


ミナミトゲヘリカメムシ

Paradasynus spinosus

カメムシ(半翅)目ヘリカメムシ科 《加害》果実

ホソヘリカメムシ

Riptortus clavatus

カメムシ(半翅)目ヘリカメムシ科 《加害》果実

シラホシカメムシ

Eysarcornis ventralis

カメムシ(半翅)目カメムシ科 《加害》果実

被害

ミナミトゲヘリカメムシによる被害は果樹カメムシ類が加害しない5~6月に発生し、加害された幼果はえぐれたような深いへこみになる。ホソヘリカメムシによる被害は猛暑で干ばつの年に発生が多い。被害果は果実赤道面や果頂部に被害痕が多いことが特徴である。シラホシカメムシによる被害は下垂した枝の果実で発生することが多く、下草と接触している場合に被害が多い。加害痕は小さく果頂部に集中することが特徴である。

発生

ミナミトゲヘリカメムシは近年増加する南方系カメムシで、西日本でも年数回発生しているようである。カキの被害は園周辺のクスノキ、シロモジ、アオダモなどクスノキ科植物上で越冬した成虫によるものであると考えられる。ホソヘリカメムシ、シラホシカメムシは園の下草や周囲の雑草で発生したものが除草により餌を失い加害する例が多い。

防除

ミナミトゲヘリカメムシが毎年加害するようであれば、クスノキなど周囲の越冬樹木を除去する。ホソヘリカメムシのような下草が発生源のカメムシでは、こまめな除草で雑草を結実させないことで被害を防止できる。ここに上げた以外にも他の様々なカメムシがカキを加害するが、薬剤防除は果樹カメムシ類に準じて実施すればよい。

薬剤(農薬)

アクタラ、アーデント、アドマイヤー、アルバリン、スタークル、スミチオン、ダントツ、テルスター、MR.ジョーカー、マブリック※掲載している薬剤(農薬)は 2018年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 カキの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草