病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

リンゴの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

腐らん病

Valsa ceratosperma
《病原》糸状菌 《発病》枝、幹

写真をクリックすると拡大します

腐らん病
閉じる

子座を多数形成した枝腐らん ©全農教

腐らん病
閉じる

胴腐らんの病徴 ©浅利正義

腐らん病
閉じる

病斑上の子座から溢出した胞子角 ©浅利正義


被害

枝幹部に発生する。細い枝に発生したものを枝腐らん、主幹や主枝など太い部分に発生したものを胴腐らんと呼んでいる。春先に赤褐色の病斑を形成するが、樹皮を褐変腐敗させ、後に病斑内に黒色の小粒点(子座)を多数形成し鮫肌状となる。枝幹部を病斑が一周するとその先は枯死する。

発生

伝染源は、病斑上の子座に形成される柄胞子と子のう胞子である。柄胞子は降雨時などに柄子殻からひも状に噴出され、黄色く見える(胞子角)。ほぼ1年中、風または雨で飛散し、剪定痕や収穫痕、摘果後の果梗残渣などの傷口から感染する。一方、子のう胞子は柄子殻内で晩秋から翌春にかけて形成され風雨により飛散する。感染1~2年後に発病する。本病の発病は冬期の寒冷程度と密接な関係がある。

防除

発病部の早期発見に努め、枝腐らんの切除、胴腐らんの削り取り処置を行う。収穫後や剪定後の春先に有効薬剤を散布する。発病には環境要因が大きく影響するので、総合的防除が必要な病害である。

薬剤(農薬)

散布剤としてトップジンM、ベフラン、ベンレート。傷口保護剤としてトップジンM、バッチレート、ベフランの各塗布剤とフランカットスプレー。※掲載している薬剤(農薬)は 2018年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 リンゴの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草