病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

リンゴの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

リンゴハダニ

Panonychus ulmi
ダニ目ハダニ科 《加害》葉

写真をクリックすると拡大します

リンゴハダニ
閉じる

越冬卵 ©全農教

リンゴハダニ
閉じる

雌成虫 ©全農教

リンゴハダニ
閉じる

被害葉(葉緑素の抜けた部分が被害) ©舟山健


被害

葉の表裏の両面に寄生して吸汁加害する。発生が多い場合は、葉表に非常に小さな白斑を生じて退色し、葉裏が褐変する。このため、同化機能が低下し、花芽形成、果実肥大、着色に影響するが、ナミハダニの被害のように早期落葉することは少ない。秋に多発した場合は、越冬卵が果実のていあ部付近に多数付着する。

発生

北海道、本州に分布する。2~5年枝の分岐部などで、卵で越冬する。ふ化は展葉期頃から始まり、開花中に終了する。ふ化幼虫は、初めは花そうの基部葉に集中的に寄生する。6月中旬頃から樹全体に分散し、発生盛期は7~8月である。雌成虫は9月上旬頃から越冬卵を産むようになる。

形態

雌成虫は体長約0.4mmで暗赤色卵形を呈し、体背面の毛の生え際が瘤のように隆起する。雄成虫は体長約0.3mmで体の後方が細くとがり、黄褐色を呈する。

防除

休眠期に粗皮削りを行い、マシン油乳剤を散布する。例年の殺ダニ剤散布時期は、7月上旬~中旬頃と8月中旬頃である。

薬剤(農薬)

オマイト、コロマイト、サンマイト、スターマイト、ダニゲッター、ダニサラバ、バロック、ピラニカ、マシン油乳剤(スプレーオイル、トモノールS、ハーベストオイル)など。※掲載している薬剤(農薬)は 2018年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 リンゴの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草