病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

カンキツの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ホセチルによる薬害


《病原》薬害  《発病》果実

写真をクリックすると拡大します

ホセチルによる薬害
閉じる

大部分の果実に発生

ホセチルによる薬害
閉じる

日焼け部分の着色が遅れた極早生温州

ホセチルによる薬害
閉じる

陽光面が日焼けした伊予柑


被害

果皮に激しい日焼けを生じ、商品価値がなくなる。特に陽光面での発生が激しい。

発生

果実着色前〜着色初期の高温時(30℃以上)の散布で発生する。温州みかんや中晩柑に発生し、品種間差はない。

防除

8月下旬〜9月にかけて褐色腐敗病対策として散布する場合、散布予定日の気象情報に留意し、高温が予想されるときは散布しない。

収録:防除ハンドブック「 カンキツの病害虫

目次へ戻る  | 病害画像インデックス | 害虫画像インデックス  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草