病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

サツマイモの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

トビイロヒョウタンゾウムシ(ハイイロサビヒョウタンゾウムシ)

Scepticus uniformis
コウチュウ目ゾウムシ科

写真をクリックすると拡大します

トビイロヒョウタンゾウムシ(ハイイロサビヒョウタンゾウムシ)
閉じる

成虫(体長:6.5~8.2mm) ©林川修二

トビイロヒョウタンゾウムシ(ハイイロサビヒョウタンゾウムシ)
閉じる

老齢幼虫(体長:約8mm) ©林川修二

トビイロヒョウタンゾウムシ(ハイイロサビヒョウタンゾウムシ)
閉じる

幼虫頭部 ©林川修二

トビイロヒョウタンゾウムシ(ハイイロサビヒョウタンゾウムシ)
閉じる

蛹 ©林川修二

トビイロヒョウタンゾウムシ(ハイイロサビヒョウタンゾウムシ)
閉じる

幼虫の被害 ©林川修二

トビイロヒョウタンゾウムシ(ハイイロサビヒョウタンゾウムシ)
閉じる

古い食害痕(治癒している) ©林川修二


被害

幼虫が塊根を食害する。被害痕は塊根の表面にみられ、幅が2~4mm、深さ3~4mmで不規則に蛇行し、コガネムシ類の食害と類似する。しかし、コガネムシ類の食害は幅が太く加害部が粗いのに対し、ゾウムシの食害は細く加害部は小さく丸くえぐり取られているので区別できる。7~8月に掘り取る早植栽培で被害が多い。

被害作物

サツマイモのほか、ジャガイモ、ラッカセイ、ウリ類、アブラナ科野菜、ゴボウ、ニンジン、フダンソウ、ホウレンソウ、クワ、コウゾ、タバコ、ソリダゴ。

生態

年1回発生する。成虫、幼虫が土中で越冬し、越冬成虫は4月中旬頃から活動を始める。産卵は5月上旬頃から6~8月頃まで続き、1雌当たりの産卵数は約940粒である。成虫によるサツマイモ葉の被害は少なく、後翅の退化により飛翔もできないため、圃場周辺の雑草(ヨモギ、アレチノギクおよびカラスノエンドウなど)を摂食して蔵卵した個体が歩いて侵入し、産卵すると考えられる。ふ化後の幼虫は細根を摂食するが、中齢幼虫になると塊根を摂食するようになる。25℃条件下では卵14日、幼虫60日、蛹14日程度を要する。新成虫は8月頃から発生するが、そのまま土中に留まり越冬することが多い。羽化後に地上に出現すると10月頃から雑草や冬作物の株元、枯れ草の下などで越冬する。関東以西に分布する。

防除

前年に被害を受けた圃場では周辺の密度が高いことが予想される。春先の越冬後成虫の出現時期に圃場周辺部の畦畔や雑草地は定期的に草刈りを行い、密度を低下させる。

薬剤(農薬)

登録薬剤はノーモルトのみである。※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 」

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草