病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

サツマイモの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

アリモドキゾウムシ

Cylas formicarius
コウチュウ目ミツギリゾウムシ科

写真をクリックすると拡大します

アリモドキゾウムシ
閉じる

雌成虫(体長:6~7mm) ©鹿児島県病害虫防除所

アリモドキゾウムシ
閉じる

成熟幼虫(体長:約6mm) ©中村浩昭

アリモドキゾウムシ
閉じる

蛹 ©中村浩昭

アリモドキゾウムシ
閉じる

被害いも ©鹿児島県病害虫防除所

アリモドキゾウムシ
閉じる

被害いも ©鹿児島県病害虫防除所

アリモドキゾウムシ
閉じる

成虫脱出孔(露出いも) ©鹿児島県病害虫防除所

アリモドキゾウムシ
閉じる

被害いも廃棄処分 ©鹿児島県病害虫防除所


被害

成虫は茎葉や塊根表皮を摂食し、幼虫は茎、塊根内に孔道を作って食害を続ける。塊根内の孔道は不規則に曲がりくねっており、直径は3mmにもなり、排出された糞が詰まっている。被害は成虫より幼虫による加害の方が大きい。被害は圃場周辺部から内部に広がり、普通栽培では2~3か月経過すると寄生が多くなる。茎は地際部ほど被害を受けやすい。加害された塊根はイポメアマロンなどのテルペン類、クマリン類などが生成されるため、苦みと独特の強い異臭がある。

被害作物

サツマイモ、ヨウサイ。

生態

奄美大島では年5~6回発生し、周年各ステージがみられる。産卵は奄美群島では3月頃から増加し、8~9月に最も多くなるが、11~2月はほとんどみられない。成虫は寒さに比較的強く、0℃でも10日程度の生存は可能である。成虫の寿命は2~3か月と長く、1雌当たりの産卵数は100~200粒で、27℃条件下では卵から羽化まで27日程度を要する。トカラ列島以南の南西諸島および小笠原諸島に分布する。

防除

常発地では薬剤による予防対策を講じる。また、畦にひび割れが生じたり、塊根が露出すると成虫が塊根に産卵するため被害が急速に進む。塊根肥大期以降は土寄せを行うなど管理を行い、適期に全て収穫し、越年栽培しない。また、圃場周辺のノアサガオなども可能な限り除去する。なお、本種は「植物防疫法」によりイモゾウムシ、サツマイモノメイガと同様に特殊病害虫に指定されており、発生地から未発生地への生の寄主植物(サツマイモやグンバイヒルガオなどのヒルガオ科の植物)の移動が禁止されている。未発生のサツマイモ産地では常に侵入を警戒する必要があり、雌が分泌する性フェロモンと同程度の活性をもつ合成性フェロモンを用いたトラップにより雄を誘引することで早期発見を行っている。

薬剤(農薬)

アリモドキコール、ダーズバン、プリンスベイト。※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 」

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草