病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ジャガイモの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

炭疽病(たんそびょう)

Colletotricum coccodes
≪病原≫糸状菌  ≪発病≫地下茎・ストロン(ほふく枝)・塊茎・貯蔵

写真をクリックすると拡大します

炭疽病(たんそびょう)
閉じる

塊茎表面の病斑Ⓒ田中文夫

炭疽病(たんそびょう)
閉じる

塊茎表面の病斑Ⓒ阿部秀夫

炭疽病(たんそびょう)
閉じる

塊茎上のやや大きな病斑Ⓒ安岡眞二


被害

地下茎、根、ストロン(ほふく枝)、塊茎を侵害し、地上部には感染しない。茎では成熟期に地際部が暗灰色~褐色に腐敗し、乾燥が進むと折損しやすくなる。また病斑部には黒色の小斑点(菌核)を密生する。葉は黄化して早期枯凋の原因となる。また、根やストロン(ほふく枝)も腐敗して、茎と同様の小斑点を形成する。塊茎でははじめ小さな褐色斑点を生じ、それが多湿のもとでしだいに拡大し、直径3~6mmの円形~楕円形の陥没病斑となる。病斑部は浅くコルク化するが、内部まで深く侵害することはない。個々の病斑は散在するか融合して不整形となり、芽部におよぶと萌芽遅延を起こす。塊茎の発病は貯蔵後に目立つことが多く、収穫時には見られない。塊茎表面があばた状のために商品価値が著しく低下し、種いもでは不萌芽の原因となるなど被害が大きい。

被害作物

ジャガイモのほか、トマト、ナス、ピーマンに根腐れを起こす。

発生

病原菌は罹病残渣に付着して土壌中で越冬し、土壌伝染するほか、種いも伝染する。土壌中の菌核は2年間生存可能とされる。また本菌は病原性が弱いため、作物がストレスを受けて活力が低下した時に感染・発病する。塊茎での発生生態は明らかでないが、凍霜害による障害塊茎や多湿条件下で貯蔵した塊茎で発生が多い。本菌の生育適温は20~24℃である。

防除

無病種いもを使用する。輪作、適正な肥培管理を行う。

収録:防除ハンドブック「 」

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草