病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ジャガイモの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ネキリムシ類(カブラヤガ・タマナヤガ)


チョウ(鱗翅)目ヤガ科 《加害》茎・葉・塊茎

写真をクリックすると拡大します

ネキリムシ類(カブラヤガ・タマナヤガ)
閉じる

カブラヤガ幼虫Ⓒ福吉賢三

ネキリムシ類(カブラヤガ・タマナヤガ)
閉じる

土壌中に潜んでいるカブラヤガ成熟幼虫(体色が黒くなり、土壌と見分けがつきにくい)Ⓒ福吉賢三

ネキリムシ類(カブラヤガ・タマナヤガ)
閉じる

収穫時に認めたカブラヤガ幼虫による塊茎の被害Ⓒ福吉賢三

ネキリムシ類(カブラヤガ・タマナヤガ)
閉じる

塊茎を加害中のカブラヤガ成熟幼虫(体長約40mmに達する)Ⓒ福吉賢三

ネキリムシ類(カブラヤガ・タマナヤガ)
閉じる

土壌中のカブラヤガの蛹Ⓒ福吉賢三

ネキリムシ類(カブラヤガ・タマナヤガ)
閉じる

カブラヤガ成虫(前翅長16~20mm)Ⓒ全農教

ネキリムシ類(カブラヤガ・タマナヤガ)
閉じる

タマナヤガ終齢幼虫Ⓒ吉松慎一

ネキリムシ類(カブラヤガ・タマナヤガ)
閉じる

タマナヤガ雄成虫Ⓒ全農教


カブラヤガ

Agrotis segetum

タマナヤガ

Agrotis ipsilon

被害

幼虫が、茎葉や塊茎を食害する。若齢幼虫は葉を食害するが実害は少ない。中齢~成熟幼虫になると、昼間は土壌の浅いところに隠れ、夜間に地上に出て活動し、株の地際部を噛み切るように食害する。生育期に被害を受けると被害が大きく、枯死に至ることもある。成熟幼虫になると摂食量が多くなり、1晩のうちに数株を加害するようになる。また、土壌の浅いところにある塊茎に穴を開けて、内部を食害し被害を出す。

発生

西日本ではカブラヤガが多く、東日本ではタマナヤガの発生が多い。暖地では中齢~成熟幼虫や蛹で枯葉の下や土壌中で越冬し、春先に成虫が羽化する。両種とも耐寒性が低く、寒冷地では越冬できないので、北日本における発生は、長距離飛来した成虫が発生源となる。雌成虫は交尾後、雑草の地際部に1~2個ずつ産卵する。ふ化した幼虫は主に雑草を食べて大きくなる。幼虫は中齢~成熟幼虫になると体色が濃くなり、土壌と見分けがつきにくくなる。また刺激を受けると、丸くなって動かなくなり、敵から身を守る。終齢幼虫は土壌に潜り、土繭の中で蛹化する。幼虫は広食性で年間2~4回発生し、5~6月と10~11月に発生が多い。

防除

発生に注意し、薬剤防除を行う。また、見つけ次第、捕殺する。雑草が多い圃場には発生が多いので、雑草を生やさないようにする。

薬剤(農薬)

土壌くん蒸剤には、クロールピクリン、ドロクロールなど。植付時の土壌処理剤には、土壌混和剤としてダイアジノン。植付後の散布剤には、ガードベイト、ネキリベイト、バイオトピア(生物農薬)。※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 」

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草