病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

イチゴの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

角斑細菌病

Xanthomonas fragariae, Xanthomonas campestris
《病原》細菌 《発病》葉、がく、クラウン

写真をクリックすると拡大します

角斑細菌病
閉じる

葉表の症状 ©木嶋利男

角斑細菌病
閉じる

葉裏の症状 ©外側正之

角斑細菌病
閉じる

葉裏の葉脈に沿った水浸状の病斑 ©外側正之

角斑細菌病
閉じる

病斑上の汁液(菌泥) ©外側正之

角斑細菌病
閉じる

がくの発病に伴い変形した果実 ©池田雅則


被害

葉、がく、クラウンに発生する。はじめ最下葉の葉裏に発生し、葉縁や葉脈に沿って水浸状の小斑点を生ずる。やがて斑点は葉脈に囲まれ、大きさ0.5~4mmの赤褐色の病斑となる。葉裏に形成する角ばった水浸状斑点が特徴であり、斑点の周りは黄色く退色する。病斑は重なり、拡大して葉枯れ状となることが多い。多発時には葉枯れやがく枯れを生じる。病斑の裏側に白色の汁液(菌泥)を噴出する。普通栽培では9~10月に発生し、山上げ育苗では5~6月に発生しやすい。

発生

冷涼地の育苗圃で発生しやすい。病原菌の生育適温は15~20℃であり、最高気温が20℃以下の時期に発生しやすい。第一次伝染源は保菌苗と考えられ、病斑から流れ出た病原菌が水滴で飛散し、気孔や水孔から感染して二次伝染する。風雨や発病葉との接触によって容易に伝染する。多湿条件で発病が助長され、多雨の年に軟弱徒長した株に発生しやすい。

防除

品種間の発病差異があり、とよのかは強く、章姫や女峰、アイベリーは弱い。頭上灌水を避け、チューブ灌水にする。ビニル被覆やマルチはできるだけ早めに行う。発病葉や発病株はビニル袋に詰めて腐敗させるか土中に埋める。無病苗を使用し、発病圃場の株は使用しない。

薬剤(農薬)

コサイド。※掲載している薬剤(農薬)は 2018年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 イチゴの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草