病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ソラマメ褐斑病

Ascochyta fabae
〈Brown spot〉

写真をクリックすると拡大します

ソラマメ褐斑病
閉じる

葉に輪紋病斑を形成する

ソラマメ褐斑病
閉じる

莢に茶褐色の不整形病斑を形成する


被害

葉、茎、莢に発生する。葉・茎では最初に赤褐色の小斑点を生じ、さらに拡大して3~5mmの周縁が暗褐色、内部が灰褐色の不整形で不明瞭な輪紋病斑を形成する。やがて病斑上には小黒色粒(柄子殻)を密生。莢では暗褐色、不整形のへこんだ病斑、種子では褐色の斑点となる。水田裏作では重要病害。

発生

種子伝染する。種子表面の菌糸、罹病茎葉の菌糸や柄子殻で越年。種子の発芽とともに感染して発病する。3~5月に雨の多い年、排水不良畑や水田の裏作で発生が多い。

防除

薬剤の茎葉散布(ベルクート)。

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫