病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ソラマメモザイク病

Bean yellow mosaic virus(BYMV)
Broad bean wilt virus(BBWV)
Pea seed-borne mosaic virus(PSbMV)
Watermelon mosaic virus(WMV)
〈Mosaic〉

写真をクリックすると拡大します

ソラマメモザイク病
閉じる

発病株

ソラマメモザイク病
閉じる

BYMVによるモザイク症状

ソラマメモザイク病
閉じる

BBWVによる葉のわい化(左)とモザイク(右)


被害

病原ウイルスは4種類知られているが、単独または重複感染してさまざまな症状が現れる。ウイルスの種類と症状の関係は明白ではないが、一般にBYMVではウイルスの系統により、軽いモザイク、鮮明な黄斑モザイク、え死等を示す。BBWVでは葉に明瞭なモザイク、茎にえそ条斑を生じ、わい化する。PSbMVは葉の幅が狭くなり、軽く巻葉し、葉脈緑帯を伴う明瞭なモザイクとなる。WMVでは葉に不明瞭なモザイクとえそ症状が現れる。本病は広範に発生し、被害が最も著しい。

被害作物

BYMV、BBWV、WMVはソラマメを含むマメ科とその他多数。PSbMVはマメ科植物。

発生

4種のウイルスはいずれも容易に汁液伝染し、アブラムシにより非永続的に伝搬される。PSbMVとBYMVは種子伝染する。虫媒伝染は主にマメアブラムシによる。本種の有翅虫の発生は11月上旬から12月中旬に多く、冬季は激減して、4月以降に再び増加する。そのため4月以降に発病が急増する。

防除

健全種子の使用。苗床や開花前の早期発病株の抜き取り。苗床は寒冷紗等、圃場はシルバーポリ等によるマルチングを行い、アブラムシの飛来を防止。アブラムシの薬剤防除。

薬剤(農薬)

アブラムシ類の防除薬剤参照。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫