病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ラッカセイ斑紋病

Peanut mottle virus(PeMoV)
〈mottle〉

写真をクリックすると拡大します

ラッカセイ斑紋病
閉じる

発病株

ラッカセイ斑紋病
閉じる

葉に茶褐色で不規則なえそ斑を生じる


被害

ウイルスの系統により2つの症状がある。一つは、初め葉全体に濃淡の斑紋またはモザイクを生ずる。この病徴は夏期に消失することが多く、株の萎縮も見られない。もう一つは、葉に茶褐色で不規則なえそ斑を生じ、著しい漣葉を呈して、株全体が萎縮する。

発生

種子伝染が第一次伝染源であり、その後はマメアブラムシによって非永続的に伝搬される。汁液伝染もする。6月下旬~7月上旬頃に初発し、8月に急増する。えそ斑を生じることは少なく、軽い斑紋が一般的である。そのため、健全種子を使用し、アブラムシ防除を行う。

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫