病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

インゲンマメ炭疽病

Colletotrichum lindemuthianum
〈Anthracnose〉

写真をクリックすると拡大します

インゲンマメ炭疽病
閉じる

子葉に黒色の病斑を生じる

インゲンマメ炭疽病
閉じる

本葉の病斑

インゲンマメ炭疽病
閉じる

莢に暗褐色円形病斑を形成する

インゲンマメ炭疽病
閉じる

病班上に鮭肉色の粘質物(胞子塊)を形成する


被害

種子伝染では発芽直後の子葉に黒色のやや陥没した円形~不整形の病斑を生ずる。本葉では葉柄と葉脈に黒褐色の条斑が現れるとともに、萎縮や奇形が顕著となり、やがて枯死する。莢では周縁が赤褐色で、中央がやや陥没した暗褐色の円形の病斑となる。病斑部には多湿時に鮭肉色の粘質物(胞子塊)を生じる。

被害作物

インゲンマメ。

発生

種子や罹病茎葉で越冬する。種子伝染が主体であるが、発芽後間もない6月中旬には子葉の発病が認められる。その後、病斑上に形成された胞子が風雨で飛散し、まん延を繰り返す。そのため6月下旬から7月に降雨が多く、多湿条件が続くと多発生となる。発病時期が早いと枯死するため被害が大きいが、生育後半の発病でも減収は著しく、子実への感染が多くなる。病原菌の生育適温は21~23℃、感染適温は14~27℃の範囲とされる。病原菌には6系統があるが、主に手亡類を侵す系統、金時、中長鶉類を侵す系統が優占するが「雪手亡」はこれら両系統に抵抗性である。

防除

健全種子を使用。3年以上の輪作。種子消毒と薬剤の茎葉散布。抵抗性品種の利用。

薬剤(農薬)

種子消毒:キヒゲンR-2。茎葉散布:7月上旬から8月中旬にトップジンM、アミスター20、ブロードワン、ゲッター、フロンサイド、ベルクート、オーソサイド、ジマンダイセン、プライア、ファンタジスタ、硫酸銅等。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫