病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ダイズ炭腐病

Macrophomina phaseolina[無性時代;Rhizoctonia bataticola]
〈Charcoal rot, Dry-weather wilt, Summer wilt〉

写真をクリックすると拡大します

ダイズ炭腐病
閉じる

茎部の病徴、表皮が裂け木炭粉状の菌核が現れる

ダイズ炭腐病
閉じる

根は腐り、菌核を形成する


被害

ダイズの成熟期頃に茎の地際部を侵し、やや銀色を帯びた灰白色となる。病患部には小さな黒粒点(柄子殻)が生じ全体に鮫肌状。病勢が進むと表皮が裂け木炭粉状の菌核が現れる。根は腐って消失し、株は簡単に引き抜ける。根にも菌核が多数付着、莢は全体が黒く乾枯し無数の菌核を生じる。

被害作物

ダイズ等236種の植物に寄生する多犯性病害である。

発生

種子伝染と土壌伝染を行う。菌核は土壌中で2年間以上生存可能。高温少雨の夏に発生が多い。

防除

田畑輪換等を行い連作を避ける。夏季の乾燥時には散水や灌水を行う。

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫