病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ダイズ黒とう病

Elsinoë glycines[無性時代;Sphaceloma glycines]
〈Scab, Sphaceloma scab〉

写真をクリックすると拡大します

ダイズ黒とう病
閉じる

莢に黒色病斑を生じる


被害

株の先端等の組織が軟弱な幼葉、幼茎や莢に発生し,いずれの部分の病斑も隆起し、初め黄緑色から順次濃褐色、黒色と変色する。病斑が莢全体を覆うようになると莢も黒変し種子は不稔になる。

被害作物

ダイズのほかフジマメにわずかに寄生性を示す。

発生

夏季の低温、降雨の多い年に発生が多い。病原菌は罹病組織に菌糸塊や胞子の形で越冬し、翌年の伝染源となる。発病には品種間差が認められる。

防除

連作を避けるとともに圃場衛生に気を付け、収穫後の罹病残渣を残さない。

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫