病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ダイズ黒根腐病

Calonectoria illicicola[無性時代;Cylindrocladium parasiticum]
〈Root necrosis〉

写真をクリックすると拡大します

ダイズ黒根腐病
閉じる

発生圃場

ダイズ黒根腐病
閉じる

地際部の病徴、子のう殻(赤色部)と分生胞子(灰白色部)を生じる

ダイズ黒根腐病
閉じる

幼苗の茎に生じた条斑

ダイズ黒根腐病
閉じる

葉の病徴、黄化し、黄色~退緑斑点を生じる

ダイズ黒根腐病
閉じる


被害

感染初期の幼植物では、根や地際部の茎に小さな赤褐色の条斑が生じ、次第に拡大して根や茎を覆い、全体が赤褐色となる。莢肥大期以降に、葉が黄化したり黄色~退緑の斑点が生じ、茎の地際部にオレンジ~赤色の子のう殻が多数形成される。罹病株では細根が腐朽し折れやすくなり、激しい場合には主根のみが残ったゴボウ根状となる。また、成熟期が早まり、着莢数・一粒重等が減少し収量が低下する。

被害作物

病原菌は多犯性でありダイズ、ラッカセイ、インゲンマメ、アズキ、エンドウ、アルファルファ等のマメ科作物のほか、チャ、パパイヤ、キウイフルーツ等14種の植物を侵す。

発生

全国で発生する。比較的近年になり発生が確認され、転換畑に多く発生し問題となったが普通畑でも広く発生が認められ、土壌水分が高い場合は発病は激しくなる。気温が低下する9月中・下旬頃に、葉が早期に黄化し発生に気が付くことが多い。伝染は罹病根中に形成される微小菌核により起こり、本菌核は寄主植物がない条件下でも長期にわたり生存が可能である。連作により発病が高まる。

防除

連作を避け、高畝栽培や排水設備の整備等により圃場排水を良好にする。

薬剤(農薬)

散布剤にはシルバキュア。種子消毒剤にはクルーザーMAXX、ベンレート。特にエダマメの種子消毒剤にはクルーザーMAXX。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫