病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ダイズ赤かび病

Fusarium avenaceum[F. roseum]
F. oxysporum
〈Fusarium blight, Fusarium pod-rot〉

写真をクリックすると拡大します

ダイズ赤かび病
閉じる

莢に淡褐色の病斑を生じ、全面に広がって腐敗する


被害

莢に発生する。初め淡褐色の病斑を作り、病勢が進展すると病斑部は莢の全面に広がり、被害莢の子実は腐敗する。病斑上に白色~淡桃色の胞子堆を散生する。

被害作物

F. avenaceumはコムギ、オオムギの赤かび病菌と同一種である。

発生

8月中・下旬より水田畦畔や畑地等のダイズ莢に生じ、収穫期まで発生する。結実期から成熟期にかけて降雨の多い湿潤な年に発生が多い。

防除

精選した健全粒のみを種子として使う。被害植物の茎葉、莢は集めて焼却処分する。特にエダマメにはセイビアー。

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫