病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ダイズシストセンチュウ

Heterodera glycines
ハリセンチュウ目ヘテロデラ科

写真をクリックすると拡大します

ダイズシストセンチュウ
閉じる

2期幼虫

ダイズシストセンチュウ
閉じる

根に着生するシスト

ダイズシストセンチュウ
閉じる

栗色の土中シスト

ダイズシストセンチュウ
閉じる

シスト内の卵

ダイズシストセンチュウ
閉じる

ダイズ被害株(左)

ダイズシストセンチュウ
閉じる

ダイズ被害圃場


被害

多発生畑では、播種または定植約1か月後に、坪状に生育不良となり葉が黄化する。根には長径約1mm、乳白色で粟粒状のシストが無数に着生している。葉の黄化はその後回復するが、生育不良で着莢数は減少して減収する。発生初年目は線虫密度も低く、顕著な症状は現れない。しかし、2~3年連作すると線虫密度は急速に高まって、減収を伴う激しい被害となる。

被害作物

ダイズ、アズキ、インゲン。

発生

土中に紛れ込んでいるシストと呼ばれる殻中の卵で越冬する。畑にダイズ、アズキ、インゲン等の寄主作物が栽培されると、根から分泌される物質の刺激によってふ化が始まる。ふ化幼虫は根に侵入して養分を摂取すると、雌は次第にレモン状に肥大し、頭部を残して根の外側に乳白色の虫体を露出する。雌成虫は数100個の卵を体内に保持した状態で死亡する。死亡した雌成虫はシストと呼ばれ、栗色に変わるとともに根から離れて土中に残る。

防除

寄主作物は限られることから、連作を避けることによって多発生を未然に防止できる。ダイズには抵抗性品種が育成されている。また、クロタラリア、クローバ等の栽培は土中に生息するダイズシストセンチュウを低減する効果がある。

薬剤(農薬)

作物によって、クロルピクリン、ネマトリンエース、バイデートL、ラグビーMC、石灰窒素、D-D等が登録されているので、適用作物を確認して使用する。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫