病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

アブラムシ類


ダイズアブラムシ

Aphis glycines

マメアブラムシ

Aphis craccivora

ジャガイモヒゲナガアブラムシ

Aulacorthum solani
ヨコバイ目(半翅目)アブラムシ科

写真をクリックすると拡大します

アブラムシ類
閉じる

ダイズアブラムシ

アブラムシ類
閉じる

マメアブラムシ

アブラムシ類
閉じる

ジャガイモヒゲナガアブラムシ

アブラムシ類
閉じる

ダイス被害葉


被害

ダイズアブラムシとマメアブラムシは、開花期から新葉や若莢に多数寄生してダイズの生育を阻害する。ジャガイモヒゲナガアブラムシは密集した大きなコロニーを形成しないが、着莢期以降に葉裏に多数寄生する。加害部分は小円形に黄化し、多発すると早期落葉して減収する。また、アブラムシ類は各種ウイルス病を媒介する。

被害作物

ダイズアブラムシはダイズおよび野草のツルマメ、マメアブラムシは各種マメ科、ジャガイモヒゲナガアブラムシはマメ科の他、多くの植物を加害する。

発生

ダイズアブラムシはダイズ生育初期から飛来し、開花期から急速に増殖する。マメアブラムシは5~6月にソラマメで発生した後、ダイズやインゲン等に寄生する。ジャガイモヒゲナガアブラムシは5月に有翅虫が発生し、莢肥大期以降のダイズに寄生・加害する

防除

ウイルス病感染防止のためには、播種時に浸透性の粒剤型殺虫剤を播種溝に土壌処理し、作物の生育中は粉剤または液剤を散布する。

薬剤(農薬)

作物によって、播種時にアドマイヤーを土壌処理する。生育時にはアクタラ(クルーザー)、アグロスリン(ゲットアウト)、アディオン、アドマイヤー、オルトラン、スミチオン、ダイアジノン、ダントツ(ベニカ)、トレボン、マラソン、モスピラン等が登録されているので、適用作物を選んで使用する。野菜類(施設栽培)等にデンプン、脂肪酸グリセリド、オレイン酸ナトリウムの他、各種の天敵類が登録されている。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫