病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ハダニ類


ナミハダニ

Tetranychus urticae

カンザワハダニ

Tetranychus kanzawai
ダニ目ハダニ科

写真をクリックすると拡大します

ハダニ類
閉じる

ナミハダニ卵

ハダニ類
閉じる

ナミハダニ幼虫

ハダニ類
閉じる

カンザワハダニ成虫

ハダニ類
閉じる

ダイズ被害葉

ハダニ類
閉じる

アズキ被害葉

ハダニ類
閉じる

ラッカセイ被害圃場

ハダニ類
閉じる

ラッカセイ被害葉


被害

ハダニ類は葉裏に寄生し、初期は多数の小さな白点を発生させる。多発すると葉は褐変するとともに、早期落葉して生育不良や減収となる。

被害作物

寄主範囲は広く、マメ科、ナス科、ウリ科、バラ科等、各種作物を加害する。

発生

カンザワハダニは休眠状態の雌成虫で越冬する。ナミハダニは休眠態と非休眠態が混在する。暖かくなると歩行や風に乗って畑に移動し増殖する。盛夏期以降に発生が多く、特に、高温・乾燥の年には多発する。

防除

多発してからは防除効果が劣るので、早めに薬剤散布を行う。同一系統の薬剤を連用すると、薬剤抵抗性ダニの出現によって防除効果が低下する。

薬剤(農薬)

作物によって、豆類(未成熟)、アズキ、ダイズ、インゲンマメにコロマイト、ダニトロン、マラソン等が登録されており、豆類(種実)、野菜類等にはデンプン、脂肪酸グリセリドやカブリダニ等の登録剤があるので、適用作物を確認して使用する。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫