病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

タネバエ

Delia platura
双翅目ハナバエ科

写真をクリックすると拡大します

タネバエ
閉じる

幼虫

タネバエ
閉じる

ダイズ被害株、子葉を食害され奇形化している

タネバエ
閉じる

幼虫と芯部の被害

タネバエ
閉じる

成虫


被害

ダイズ等を4月中の低温湿潤期に播くと、発芽しなかったり、発芽しても子葉や芯部が食われて奇形になる。種子を掘り起こしてみると食痕があったり、発芽不能になっている。このような種子の中には体長5~10mmの白色のウジが数匹いて食害したり、あるいは種子近くに褐色の蛹が見られる。

被害作物

ダイズ、アズキ、インゲンマメ、マメ科牧草。

発生

九州以北の各地に分布する。年発生回数は多い。暖地では主に成虫越冬する。特に鶏糞、未熟堆きゅう肥、油かす等の有機質肥料を元肥に施用すると、これに産卵するので注意する。卵期間は5日、幼虫期間は10日、蛹期間は10~20日、成虫は約2か月生存する。夏季は少ない。

防除

耕種的には野菜残さや有機物等は多量に投入しない。地温が上昇してから播種する。

薬剤(農薬)

播種時薬剤の土壌処理、種子処理が基本で、ダイズではダイアジノン、カルホス、キヒゲン、クルーザー。エダマメではダイアジノン、カルホス、キヒゲン、クルーザー。インゲンマメではキヒゲン、クルーザー、ダイアジノン。アズキではキヒゲン、クルーザー、ダイアジノン。豆類(種実)ではキヒゲン。豆類(種実、ただしダイズを除く)ではカルホス。豆類(種実、ただしラッカセイを除く)にはダイアジノンを含むペアーカスミンDが登録されている。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫